カート

sawvihについて

sawvih(そうび)は、鎌倉にある衣食住をテーマにした糀屋です。福井県越前町の緑豊かな環境の中で 農薬を使用せずに作られた自家栽培米を原料に無添加の糀商品、味噌、米粉のスイーツなどを製造し販売しております。ご家庭での味噌作りの促進や農業に特化したワークアイテムの制作にも力を入れており、世界に向けて様々な糀のあり方を展開しています。

DIRECTOR寺坂寛志 Hiroshi Terasaka

1985年生まれ。 先祖代々米農家を生業とする寺坂家の二男として生まれる。 福井工業高等専門学校 機械工学科卒業。(株)シャルマンにて眼鏡製造 に携わる。 25歳で退社、同月に単身カナダのトロントに渡る。 現地の飲食店のオープニン グスタッフとして、同店のフロアマネージャーに従事。 帰国後は実家麹屋にて1年の修行 を経て、独立。鎌倉に、「sawvih」をオープン。

こだわり

sawvih(そうび)は、米作りから糀作り、甘糀や味噌、お菓子の製造まで家族一丸となり行っています。 米は、農薬不使用の福井県産コシヒカリ。半有機米。特別栽培米。 福井県はコシヒカリ発祥の地なのですよ。 小粒でもちもちした甘いお米です。

糀は、そのおいしいお米を蒸して福井県産の種糀をまぶし、あたたかい部屋で時間をかけて発酵させたもの。 糀を更に発酵させてできたのが、甘糀。sawvihの大人気商品。 毎朝スプーン一杯食べたり、ヨーグルトにかけたり、豆乳に混ぜて飲んだり 毎日摂取することで整腸効果などが期待できます。 体にぐんと効く飲む点滴です!

味噌は、糀と大豆、塩をまぜてまぜて発酵させたもの。 大豆は、福井県内で契約栽培、里のほほえみという種類。 塩は、高知県の室戸岬沖でとれる天海の塩。 大豆も塩も良質なだけでなく、味噌作りに最も合うものを選びました。 amami(アマミ)という名前の倍糀味噌です。 ふつうの糀味噌は、糀と大豆の比率が1:1ですが amamiは、2:1という贅沢な比率で作っています。 甘みが強く、さっと溶けやすく、リピーター続出! かつお出汁に合うように作られています。 ぜひ、かつお出汁でお試しください。

米粉も、もちろん自家製。 すべての商品に小麦粉は使っていません。米農家ですから。 米粉のスイーツは、なるべく体に優しく、できるだけ白糖ではなく甜菜糖を使い、 甘糀や味噌をかくし味に使っています。 やはり甘いものは強いですね。ほかの商品に負けず劣らずとても人気です。