sawvih

鎌倉の糀屋。

どうもどうも。

ここ浄明寺に引っ越して早くも二ヶ月が経過しようとしております。

毎日のルーティンもこなれて来て

糀屋として、一通りのオペレーションが確立されてきたような気がしないでもないので

そろそろ周知に本腰を入れないとですね。

 

一人で全てをこなすのは結構なハードワーク。

ですが、それを自分から望んで独立したのですから文句いう方が筋違いです。

一個一個、着実に、全力疾走で。

 

そんなわけで今日は営業終了後に買い出し大会を敢行するべく、こうして今ブログを更新しています。

鎌倉の糀屋として、まだまだやれてない事はたくさんありますが

焦りは禁物。

 

昨日は「よねこベーカリー」のオーナー様にご来店いただき

また由比ヶ浜からわざわざお越しくださったお客様までいらっしゃいました。

そしてそして

逗子市のお客様に内祝いのご依頼まで頂きました。

 

内祝いギフトのパッケージ画像

 

頑張りました。

 

いやはや、本当に有難いの一言では済みません。

本当に良いですよね、こういうのって。

地元の方々の支えが本当に暖かい。

そしてその気遣いが心地いい。

そういう輪の中に私を組み込んでくださる事。

それが何よりのご褒美です。

 

いや〜良いところに越して来たなぁとしみじみ。

お店を作ってよかったと思える瞬間です。

 

 

私は今後どんなに頑張っても40年に満たない期間しか、このお店に立てません。

この40年で医学やロボット工学が発展し、いつまでも元気な体を得られたとしても

きっと目ん玉飛び出万円に一桁足したぐらいのお金がかかるでしょう。

糀屋にそんなお金が払える訳がありませんので

多分40年が限界です。

まぁその前に後継者がいてくれれば、任せて引退するのみ。

そう考えたら40年より短いじゃないか!あわわわわ・・・

 

まぁどっちにしろ下を向いている暇はありませんし、この「顔の見える商売」の魅力を発信していくのみです。

あと40年もないんですから。ね。

 

この古都、鎌倉の片隅で

こういう古臭い商売を始める。

デジタルとアナログの過渡期な今だからこそできる商売の形だと思います。

何より自分の好きな事だから、思いきり楽しまないと。

 

という感じで、オープン3週間目に突入しました。

今後ともsawvihと

このいい加減な「糀屋日誌」を

よろしくお願い致します。

 

でわでわ。

プライバシーポリシー / 特定商取引に基づく表記 / Copyright (C) 2018 sawvih. All rights Reserved.