sawvih

休日の糀屋、夜の糀屋。

どうもどうも。

お休みを挟んだにしろ、二日も更新せず大変申し訳ございません。

色々なタイミングが重なるとね、どうしても後回しにしてサボりがちになってしまっています。

反省。

 

さてさて、昨日は一週間ぶりのお休みを頂いて、放ったらかしにされていた私事の色々を整理しつつ

挨拶も兼ねて東京の練馬区へ向かいました。

 

そう、度々ブログで紹介している車屋さん「マイクロ・デポ」。

どういう店かと言うと、スーパーカーから軽トラックまで何でも取り扱っているお店。

・・・と言うと語弊がありますね。

主にマセラティというイタリアの車を取り扱う車屋さんです。

 

昨日行った時はイタリアから遥々やってきたこんな車が鎮座していました。

 

マイクロデポのガレージに鎮座するマセラティ・メラクの正面画像

 

マセラティ・メラク

 

世紀の大天才ジョルジェット・ジウジアーロ先生デザインによる

正真正銘のビンテージ・イタリアンスーパーカー

その見た目とは裏腹に

居住性や操作性など

実用を重視された「日常にあるべきスーパーカー」です。

さすがはVWの大傑作「ゴルフ」をデザインされたジウジアーロ先生。

メラクを見て溜息しか出ませんでした。

もちろん私には逆立ちしたって買えませんよ。ええ。

 

奥に見える赤い車も、写真には写ってない右の車も

とんでもない希少車でまぁ博物館行っても見れるもんじゃありません。

そんなのが普通に見れるんだから、これはもう車好きにしてみればアミューズメントパークです。

先日こちらの社長夫妻がいらっしゃったときのブログ

雨の鎌倉とテイクアウトカフェ。

これのお礼も兼ねて、遊びに行ったという話です。

お礼のつもりが逆にお世話になってしまって、本当にありがとうございました。

芯のある、本当に素敵なお方でございます。

 

 

いやね、今回はマイクロデポに行った話だけにして

車の話はどうしようか迷ったんですけどね。

でも好きだからいいや!と思ってこれ書いてます。うふふ。

 

車の何が好きかというと

それはもう全てのクリエイションが詰まっているんですよ。車って。

工業デザインに始まり、ビジネスデザインにまで発展します。

日常使いの道具でもありファッションアイテムでもある、まさにものづくりの究極。

ブランディング、マーケティングも非常〜に参考になります。

パーツを組み立てただけ、なんて言葉じゃ全然足りないんですよ。

それくらい歴史と文化が密集している。それが魅力であり、私の教科書でもあります。

 

服だったり時計だったりもそうですが

こういうの好きなんですよねぇ〜男ってのは。

よく奥さんに顰めっ面されますけれど

好きなものは仕方ないです。

 

まぁそういった造詣が昔から非常に好物なので、学校も工業系に進みましたが

途中で何故か音楽に目覚めてしまって学業はそっちのけ。

そんなどうしようもないガキ時代もありましたっけ(遠い目)

 

でもね、こういう趣味な部分に足を止め過去を紐解いていくと

色んな気づきがあるんですよ。

歴史を刻んでいるってことは、それだけたくさんの人が関わっていて

知識が介入していて

時流が反映されていて

色んな面でとても参考になるんです。

 

車だけじゃありません。

ファッションとか、食とか、音楽とか、コミュニティとか

世の中に存在する一つ一つ、その全てに意味があって歴史があります。

軽んじてはいけません。

私はその敬意を失念しないよう、常日頃から物事に引っかかろうとしているわけです。

まぁ選り好みをするのは人間なので許してください。

 

平たく言えばオタクというか一種の病気です。

パラノイアとでも言いましょうか、ひどく偏屈で自分よがり。

年取ったら頑固ジジイになりそうだなぁ。。今でもそうか。

 

といった具合で年に数回こうやって自分の英気を養っては、仕事に反映させております。

デザインは、いいデザインから学ぶ。

見た目の話じゃなくて本質の部分、哲学の部分ね。

これ、非常に大事。

 

これが糀屋、休日の部。

 

 

そしてそして、帰ってきて子供達とお風呂に入ったりご飯食べたりして

みんなが寝静まった頃、仕込みをせっせと。

 

sawvih特製のジンジャーシロップ

 

生姜とスパイスを煮込んで煮込んで。

コトコトと。

 

ジンジャーエールの出来上がりです。

見た目を美しく、そして味も美味しく。

どっちも疎かにできない部分です。

いいもの見た後だと、余計にね。

 

ちなみにこんな感じになります。

甘糀のジンジャーエール画像

スリーブが邪魔だけど。

とっても美味しいのでご賞味あれ。

 

こんな感じの、糀屋の夜の部。

 

充実した休日でありましたとさ。

 

でわでわ。

プライバシーポリシー / 特定商取引に基づく表記 / Copyright (C) 2018 sawvih. All rights Reserved.